MENU

LINE公式アカウントの管理者に招待されたらどうする?ログイン方法や注意点を解説

LINE公式アカウントの管理者に招待されたらどうする?ログイン方法や注意点を解説
  • LINE公式アカウントの管理者に招待されたけれど、ログイン方法がわからない
  • 同じチームのメンバーにLINE公式アカウントの管理者権限を追加したいけれど、方法がわからない

LINE公式アカウントへのログインは、正しい手順で操作しないとうまくログインできないため、注意が必要です。

本記事では、LINE公式アカウントの管理者に招待された場合のログイン方法を詳しく解説します。

ログインできない場合の対処法や、管理者権限を追加・変更する場合の操作方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

「LINE公式アカウントの使い方がイマイチ分からない…」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

Anveryでは、LINE公式アカウントの設定・運用の改善、制作代行も承っております。

ビジネスにLINE公式アカウントを導入して効果的に活用したい方は、ぜひご連絡ください。

\LINE公式アカウントを有効活用!/

目次

LINE公式アカウントの管理者として招待されたときのログイン方法は?

スマホを持つ画像

LINE公式アカウントの管理者として、招待されたときのログイン方法を解説します。

LINE公式アカウントへのログイン方法は、以下の4ステップで行います。

それぞれ詳しく解説するので、うまくログインできずに困っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.LINEにメールアドレスを登録する

LINE公式アカウントにログインするには、メールアドレスの登録が必要です。

ログイン操作に進む前に、普段使用しているLINEにメールアドレスを登録しておきましょう。

LINEにメールアドレスを登録する方法は、以下のとおりです。

STEP
1.ホーム画面から設定(歯車マーク)をタップ
LINEにメールアドレスを登録する方法①
STEP
「アカウント」をタップ
LINEにメールアドレスを登録する方法②
STEP
「メールアドレス」をタップし、メールアドレスを入力する
LINEにメールアドレスを登録する方法③

すでにメールアドレスを登録済みの場合は、アドレスに誤りがないか確認しておきましょう。

2.管理者追加用の認証URLを開く

送られてきた管理者追加用の認証URLにアクセスしましょう。

認証URLは、発行してから24時間たつと無効になるため注意してください。

3.LINEビジネスIDを作成する

認証URLにアクセスするとLINEビジネスIDのログイン画面が表示されます。

管理画面へのログインには「LINEビジネスID」を使用するため、LINEビジネスIDを持っていない場合は「アカウントを作成」をタップして作成しましょう。

LINEビジネスIDとは?

LINEビジネスIDとは、LINEが提供するビジネス向け、または開発者向けの各種管理画面にログインができる共通認証システムです。

LINEビジネスIDには、LINEアカウントでのログイン、またはメールアドレスのみで利用できるビジネスアカウントでのログインがご利用いただけます。

引用:LINEヘルプセンター

LINEビジネスIDはLINEアカウントで登録もしくはメールアドレスで登録で作成できます。

LINEアカウントで登録する方法は、以下のとおりです。

STEP
「LINEアカウントでログイン」をタップ
LINEビジネスIDを作成する方法①
STEP
LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力し「ログイン」をタップ
LINEビジネスIDを作成する方法②
STEP
表示された認証番号をLINEに入力し「本人確認」をタップ
LINEビジネスIDを作成する方法③
STEP
「LINEビジネスIDを作成」をタップ
LINEビジネスIDを作成する④

「LINEアカウントで登録」でLINEビジネスIDを作成すると、普段使用しているLINEアカウントでのログインが可能です。

LINE公式アカウントをスマホからも操作する予定の場合は、LINEアカウントで登録しておくと便利ですよ。

4.アカウント管理者への追加を承認する

LINEビジネスID作成後、承認画面に切り替わるため「承認」をタップしてください。

アカウント管理者への追加を承認する方法

「アカウントのメンバーに追加されました」と表示されれば完了です。

5.管理画面にログインする

アカウントのメンバーに追加されたことを確認したら、管理画面にログインしましょう。

管理画面にログインする手順は、以下のとおりです。

STEP
LINE Official Account Managerにアクセスする
STEP
「LINEアカウントでログイン」をタップ
管理画面にログインする方法①
STEP
LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力し「ログイン」をタップ
管理画面にログインする方法②
STEP
LINEを開き、表示された認証番号を入力し「本人確認」をタップ
管理画面にログインする方法③

※初回ログイン時のみ認証番号入力を求める表示が出ます。

同一ブラウザであれば、2回目以降は出てこない仕組みになっています。

STEP
ログイン成功したらアカウントリスト画面が表示されるため、該当のアカウント名をタップ
管理画面にログインする方法④
STEP
管理画面に入れたらログイン完了

実際に管理画面にアクセスして、問題なくログインできるかまでしっかりと確認しておきましょう。

LINE公式アカウントにログインできない場合の確認ポイント2つ

チェックリストの画像

送付された管理者追加用の認証URLにアクセスしても、ログインできない場合は、以下の2点を確認しましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

1.認証URLが有効か確認する

送付された認証URLが有効であるかを確認しましょう。

メンバーを招待する際の認証URLは、発行してから24時間たつと無効になります。

また、一度誰かが使用したURLは無効となり、使い回しができないため注意してください。

有効期限が切れている可能性がある場合は、管理者に相談してURLを再発行してもらいましょう。

2.LINE公式アカウントに登録されているメンバーの人数を確認する

LINE公式アカウントに登録しているメンバーが、100人を超えていないか確認しましょう。

1つのLINE公式アカウントに付与できる権限は100までと決まっているため、超えていた場合は新しいメンバーを追加できません。

また、1つのLINE Business IDにつき、権限を持てる公式アカウントも100までと決まっています。

管理画面や自身のLINE Business IDにログインし、上限を超えていないか確認してください。

LINE公式アカウントの管理者は何ができるの?

クエスチョンマークの画像

LINE公式アカウントの管理者は、以下のすべての操作が利用可能です。

  • 組織の削除/変更
  • ユーザーの管理
  • 各種アカウント(LINE公式アカウント、広告アカウント)の接続承認
  • リソースの管理
  • 各種設定 など

管理者になるとメンバーの削除や追加なども行えるため、権限を付与する人は慎重に決めましょう。

LINE公式アカウントの管理者と運用担当者の違い

比べる画像

LINE公式アカウントの管理者と運用担当者は、利用可能な操作の範囲が異なります。

ユーザー権限は4種類あり、以下の違いがあります。

スクロールできます
権限の種類管理者運用担当者運用担当者(配信権限なし)運用担当者(分析の閲覧権限なし)
メッセージ・LINE VOOM投稿の作成○︎
メッセージ配信・LINE VOOMの投稿
分析の閲覧
アカウント設定の変更
メンバー管理
参考:LINE for Business

運用担当者の中にも配信権限がないメンバーと閲覧権限がないメンバーがいるため、ユーザー権限を付与する際は注意しましょう。

LINE公式アカウントの管理者・運用担当者を編集する方法

「HOW」と書かれた画像

LINE公式アカウントのユーザー権限を編集する方法を解説します。

以下の3つの項目に分けてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

管理者・運用担当者の権限を追加する方法

STEP
LINE Official Account Managerに管理者権限を持つアカウントでログインする
STEP
アカウントリストで、設定を変更したいアカウント名をクリック
管理者・運用担当者の権限を追加する方法①
STEP
「設定」→「権限管理」をクリック
管理者・運用担当者の権限を追加する方法②
STEP
「メンバーを追加」をクリック
管理者・運用担当者の権限を追加する方法③
STEP
「権限の種類」で管理者を設定し「URLを発行」をクリック
管理者・運用担当者の権限を追加する方法④
STEP
発行したURLを管理者として追加したいメンバーに送る

※発行したURLは24時間で無効となるため、注意してください。

STEP
追加したいメンバーに認証用URLからログインしてもらう
STEP
権限管理画面にメンバーの名前が表示されたら完了

メンバーの名前を確認する際は、名前の横に「管理者」と記載があるかまでしっかりと確認しましょう。

参考:LINE for Business

管理者・運用担当者の権限を削除する方法

STEP
LINE Official Account Managerに管理者権限を持つアカウントでログインする
STEP
アカウントリストで、設定を変更したいアカウント名をクリック
管理者・運用担当者の権限を削除する方法①
STEP
「設定」→「権限管理」をクリック
管理者・運用担当者の権限を削除する方法②
STEP
変更したいメンバーの「変更」をクリック
管理者・運用担当者の権限を削除する方法③
STEP
「このメンバーをアカウントから削除」→「削除」をクリック

管理者・運用担当者の権限を変更する方法

STEP
LINE Official Account Managerに管理者権限を持つアカウントでログインする
STEP
アカウントリストで、設定を変更したいアカウント名をクリック
管理者・運用担当者の権限を変更する方法①
STEP
「設定」→「権限管理」をクリック
管理者・運用担当者の権限を変更する方法②
STEP
変更したいメンバーの「変更」をクリック
管理者・運用担当者の権限を変更する方法③
STEP
「権限の種類」の項目で変更したい権限を選択し「保存」をクリック

LINE公式アカウントの管理者を抜けたい場合は?

考える人の画像

誤って管理者に招待されてしまった場合やチームを抜ける際など、LINE公式アカウントの管理者から抜けたい場合もあるでしょう。

LINE公式アカウントの管理者を抜けたい場合は、管理者権限を持つ他のメンバーに権限を削除してもらってください。

管理者権限を持っていたとしても、自分の権限を自分で変更・削除することはできません。

もし、管理者権限を持つメンバーが自分しかいない場合は、新たに管理者権限を持つメンバーを追加し、削除してもらいましょう。

まとめ LINE公式アカウントの管理者権限を上手に使ってビジネスを効率的に

スマホとパソコンの画像

本記事では、LINE公式アカウントに管理者として招待された場合のログイン方法を解説しました。

  • LINE公式アカウントに管理者として招待された場合は、管理者追加用URLからのログインが必要
  • LINE公式アカウントのユーザー権限は4種類あり、操作可能な範囲が異なる
  • LINE公式アカウントの管理者はメンバー管理を含むすべての操作が可能
  • 自分のユーザー権限を変更することはできない

LINE公式アカウントに管理者として招待された場合は、送られてきた管理者追加用URLからログイン操作を行ってください。

管理者追加用の認証URLは、発行から24時間経過したり他の人が使用したりすると、無効になるため注意が必要です。

また、LINE公式アカウントのユーザー権限は4種類あり、権限によって操作可能な範囲が異なります。

業務内容に合わせて上手に使い分けて、LINE公式アカウントを効率的に運用しましょう。

Anveryでは、弊社のノウハウを活用して、あなたにぴったりのLINEマーケティングをご提案させていただきます。

ビジネスにLINE公式アカウントを導入したいとお考え方は、ぜひお気軽にご相談ください。

\専門用語も分かりやすく解説します!/

Follow me!

目次