MENU

マツエクサロンの効果的な集客方法9選!コツやうまくいかない原因を解説

  • マツエクサロンの集客がうまくいっていない
  • どうすれば効果的な集客ができるの?
  • 集客がうまくいかなくて疲れた

上記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

集客を成功させるためには、あなたのマツエクサロンにピッタリな方法で集客しないとうまくいかないでしょう。

ターゲットに向けて店舗を魅力的に伝えるのと同時に、マツエクサロンにおすすめの集客方法を取り入れることで、改善はできます。

本記事では、マツエクサロンの集客がうまくいかない方に向け、マツエクサロンの効果的な集客方法やうまくいかない原因、成功するコツなどについて解説します。

効果的な集客方法についてお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

マツエクサロンの集客がうまくいかず、誰に相談したらいいかわからない方は、ぜひ下記の資料をご覧ください。

公式LINEを活用した、効果的な集客方法や活用事例についてご覧いただけます。

LINEは日本最大級、幅広い世代で利用されているコミュニケーションツールです。

LINEマーケティングの導入や構築・運用代行にご興味がある方も、ぜひお気軽に資料をダウンロードしてみてください。

また公式LINEでは、LINEを活用して売り上げを最大化する方法を配信中です!

併せてお気軽にご登録してみてください。

公式LINEで集客を劇的に改善!

目次

マツエクサロンで集客がうまくいかない3つの原因

まつげパーマをしてもらう女性

マツエクサロンで集客がうまくいかないお店には以下のような特徴があります。

店舗で上記のような問題が発生していないか確認してみましょう。

店員の対応に問題がある

店員の対応に問題があると、顧客は店舗に対して不満や不信感を覚え、新規顧客が再度来店する可能性が低くなります。

たとえば、以下のような事態が店舗で発生していないでしょうか。

  • 顧客に対して失礼な言動がある
  • 専門用語を多用した説明で顧客をおいてきぼりにしている

効果的な集客を行っていても、店員の対応に問題があれば集客にはつながりません。

定期的に店舗状況を見て、顧客が気持ちよく利用できる空間なのか確認しましょう

リピーター施策が不十分

リピーター施策が不十分な店舗は、新規顧客の獲得のために常に高い集客コストが必要になり、売り上げも上がりにくくなります。

マーケティングにおいてリピーターは以下のようにいわれています。

  • 売り上げの8割は上位2割のリピーターが出している
  • リピーターは新規顧客の5分の1のコストで獲得できる

上記より、リピーターは継続的な店舗運営には欠かせない存在といえます。

接客や施術の良さだけで、すべての新規顧客がリピーターになるわけではありません。

より多くの顧客にリピーターになってもらうためには、定期的なコミュニケーションやクーポンの発行など、積極的に施策を打ち出していく必要があります。

新規顧客の獲得だけでなく、リピーター施策にもより力を入れると、効率のよい集客と売り上げの向上にもつながるでしょう。

集客方法とターゲットがずれている

ターゲットに対して適切な集客方法が選べていないと、うまく集客につながりません。

たとえば、20代をターゲットとする店舗がチラシによる集客を行ってもあまり効果は見込めません。

一方、50代や60代をターゲットとする店舗の場合、チラシによる集客は一定の効果が見込めるでしょう。

「ターゲット層はどの媒体をよく利用するのか」を考慮して重点的に集客を行えば、より効果的に集客ができます。

マツエクサロンで集客を成功させるための3つのコツ

ポイント(電球)

マツエクサロンで集客を成功させるためのコツを以下の3つ紹介します。

上記の内容は、集客を行う上で重要な考え方です。集客にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

ターゲットを明確にする

すべての顧客を対象に集客を行うのは現実的ではありません。

ターゲットを明確にすることで、来て欲しい顧客に注目されるサロンを作れるようになります。

ターゲットを明確にする際は「ペルソナ」を設定しましょう。

ペルソナとは、性別や年齢、職業などを細かく設定した顧客像のことです。

ペルソナ作成時に設定する項目例
  • 年齢
  • 性別
  • 結婚の有無
  • 家族構成
  • 職業
  • 趣味
  • 持っている悩み
  • 経済状況
  • 休日の過ごし方

ペルソナを設定することで、ターゲットに対する理解が深まり、より顧客に響く集客ができるようになります。

自社の強みを明確にする

ターゲットのニーズや悩みに対し、自社のサービスで解決できる点やアピールポイントを洗い出し、強みとして積極的に発信しましょう。

強みは無理に作り出す必要はありません。

ターゲットが持つニーズや悩みに対して「どのように応えられるか」を深く考えて、顧客が利用しやすい・したくなる店舗をイメージしながら探すとよいでしょう。

競合をリサーチする

集客を成功させるためには、競合をリサーチして情報を集めることも重要です。

競合をリサーチすることで、競合店舗の特徴や強み、マーケティングの内容などを把握でき、自店舗の集客やマーケティングに活かせるためです。

Googleマップやポータルサイトを利用すれば、競合店舗の情報を調べられます。

リサーチした情報は以下のように活用するとよいでしょう。

リサーチ情報の活用例
  • 人気店舗の真似できそうな部分を活用する
  • 近隣店舗でカバーしていないターゲット層の発見

気になる店舗に対しては実際に店舗へ赴き、お店の雰囲気や接客の様子、料金設定などを確認するのも一つの方法です。

【オフライン】マツエクサロンの効果的な集客方法3選

看板を見ている女性たち

オフラインにおける効果的な集客方法を以下の3つ紹介します。

チラシ

チラシは、インターネットに慣れていない方だけではなく、必要な情報を簡潔に知りたい方へのアプローチに適した集客方法です。

チラシに掲載できる情報には限りがあり、必要最低限の情報しか載っていないため、場所や料金など、必要最低限の情報だけが欲しい顧客に対しては効果的なアプローチとなります。

サイズにもよりますが、100枚で約2,000円と比較的低コストで広告が打てる点もチラシのメリットです。

コストを抑えて認知度アップを図りたい店舗にとっては効果的な施策といえるでしょう。

看板

看板は、近隣の潜在顧客に対するアプローチに効果的な集客方法です。

マツエクサロンの場合、ビルの一室など一見わかりにくい場所に店舗を構えているケースも少なくありません。

看板を設置することで、家や職場が近い方にサロンの存在を認知してもらえます。

また、ホームページやSNSなど他の媒体を参考に訪れた方を、スムーズに店舗へ案内する役割もあり「店がわからなくて行くのをやめた」といった事態を防ぐ効果もあります。

お礼状

お礼状はリピーター獲得に効果的な集客方法です。

お礼状には再認知を促すだけでなく、店舗への信頼や愛着を増やす効果もあります。

利用から一定期間後や誕生日など、適切なタイミングでお礼状を送ることで「覚えてくれている」と感じる顧客が増え、リピーター獲得につながるでしょう。

【オンライン】マツエクサロンの効果的な集客方法6選

Web集客の方法

オンラインで行える効果的な集客方法を以下の6つ紹介します。

ホームページ

ホームページを作成すれば、店舗情報や魅力を漏れなく顧客に伝えられます。

必要な情報をしっかりと盛り込むだけなく、ターゲット層に対してより魅力が伝わるよう、デザインにもこだわって作成しましょう。

ホームページに記載する情報例
  • 店舗情報(アクセス・営業時間など)
  • 施術メニュー
  • 料金
  • 経営者の想い
  • スタッフの紹介
  • 使用しているアイテム
  • 特にアピールしたい内容
  • クーポン
  • SNSやLINEの紹介

上記の他、施術前後の画像や利用者の声などを入れるのも有効です。

SNS

SNSは若い世代に対して効果的な集客方法です。

SNSを利用した集客には以下のメリットがあります。

  • リアルタイムで情報提供ができる
  • 拡散によってコストをかけずに宣伝できる場合がある
  • 魅力的な発信をすることで店舗やスタッフにファンがつきやすくなる

一方で、一回に投稿できる情報量に限りがある、情報が流れやすい、などの問題もあります。

ホームページやLINEへ誘導する流れを作っておけば、より大きな集客効果を得られるでしょう。

MEO

MEOとは「地域+業種」などで検索した際にGoogleマップ上に表示される仕組みのことです。

店舗がGoogleマップ上に表示されるため、潜在顧客に認知されやすくなります。

利用するためには、Googleビジネスプロフィールの登録が必要です。

無料で登録できるため、特別な理由が無い限りは利用するのがおすすめです。

また、登録する情報を充実させることで、顧客が検索した際により上位に表示されるようになります。

上位表示されれば、地域でマツエクサロンを探している方に対して大きく認知度を上げられるでしょう。

参考:Googleビジネスプロフィール

ポータルサイト

美容系のポータルサイトに掲載することで、利用する可能性の高い顧客への露出が増えるため、うまくアピールできれば大きな集客効果が見込めます。

代表的な美容系ポータルサイト
  • ホットペッパービューティー
  • 楽天ビューティー
  • Beauty Park
  • EPARKリラク&エステ

ただし、ポータルサイトへ掲載するためにはコストがかかる点、うまく魅力を伝えられないと、他の競合に顧客を取られてしまう点には注意が必要です。

ホットペッパービューティーで集客できない理由や対処法については、以下で解説しているので参考にしてください。

関連記事:ホットペッパーで集客できない4つの理由と対処法

Web広告

Web広告は、SNSや動画サイト、ホームページなどに広告を出す集客方法です。

美容に興味のある方や、マツエクサロンを検索していた方などの、潜在顧客にのみ広告を出せるため、効率的な集客が可能です。

また「どのような人がWeb広告に反応したのか」「実際の予約数はどの程度か」など、ユーザーの反応を明確なデータとして収集できる点もメリットの一つといえるでしょう。

公式LINE

公式LINEを作成し、マツエクサロンの集客に利用するのもおすすめです。

世代を問わず日本国内で最も利用されているコミュニケーションツールであるLINEは、公式LINEへの登録も抵抗感少なく気軽に登録してくれる可能性が高いと考えられます。

LINE公式アカウントを集客に利用するメリットには以下があります。

  • 多くのユーザーにすぐに見てもらえる
  • ターゲットに合った情報を配信できる
  • お問い合わせや予約を受け付けられる
  • ユーザーの情報を集められる

また、拡張ツール「Lステップ」の導入により、より細かく分析する機能や業務をサポートする機能が利用できるようになるため、活用すれば業務効率を大きく上げられるでしょう。

Lステップのより詳しい使い方については、下記の記事で紹介しています。

関連記事:ステップの使い方13選!初期設定の方法も徹底解説

以下に、マツエクサロン運営の助けとなるLステップの機能を紹介するので、参考にしてください。

【Lステップの特徴①】ユーザーの属性を個別に分析できる

Lステップの友だち情報欄

LINE公式アカウントでも、性別や年代といった大まかなユーザー情報を取得できますが、より細かい属性や個別分析を行うためには、Lステップの導入がおすすめです。

Lステップで取得できるユーザー情報例
  • 名前やアイコン
  • 直接対応した個別トークのすべて
  • 詳細な個人データ
  • リッチメニューのタップ数
  • コンテンツの進捗状況
  • 商品の購入状況

取得した個別データがあれば、顧客の年齢や性別、利用状況などにあったメッセージを送ることが可能です。

Lステップを使ったメッセージやクーポンに対する反応も簡単に分析できるため、効果の高い施策も打ち出しやすくなるでしょう。

【Lステップ利用の特徴②】予約管理をはじめとした業務を自動化できる

Lステップの予約受付設定

Lステップでは、LINE上で予約フォームが構築できるため、直接予約を受けられるようになります。

また「自動応答機能」を利用すれば、顧客が入力した「予約」というメッセージに反応して予約フォームを送信する仕組みや、簡単なお問い合わせに対して自動返信する仕組みを構築できます。

手動による対応が必要であった業務が自動化できるため、業務負担の削減にもつながるでしょう。

【Lステップの特徴③】より自由度の高いリッチメニューが作れる

Lステップは、LINE公式アカウントよりも自由度の高いリッチメニューが作れます。

具体的には以下の特徴があります。

  • 設定できるデザインの幅がLINE公式アカウントよりも広い
  • ボタンの数や配置も自由にカスタマイズ可能
  • タブ管理により複数のリッチメニューを表示させることも可能

たとえば、タブ管理機能を活用して「新規顧客用」「リピーター用」と2つのリッチメニューを用意すれば、どちらの顧客に対しても意味のある情報を届けることが可能です。

顧客が欲する情報に簡単にアクセスできるため、メニュー選びの時間短縮や満足度の向上にもつながるでしょう。

実際にAnveryが美容サロンのLステップに携わったところ、リピート率80%以上という大きな成果を出すことに成功しました。

美容サロンとLステップを活用した集客は、相性がいいため、集客にお困りの方は一度専門家にご相談ください。

Anveryでは、LINEマーケティングの導入や構築・運用代行業務を行っております。

『Lステップ』開発元により、国内わずか10社しか選ばれない『認定コンサルタント』にも選定されました!

弊社がまとめた活用法の一部を載せた資料を無料ダウンロードできますので、ぜひご確認ください!

また、公式LINEでは、LINEを活用して売り上げを最大化する方法を配信中です!

あわせてお気軽にご登録ください。

LINE活用法は無限大!

マツエクサロンで集客する際の注意点

チェックリストと文房具

オフライン・オンラインを問わず、広告を出す際は厚生労働省が定めるガイドラインを守る必要があります。

マツエクサロンで広告を出す場合は、特に以下の法律に気をつけましょう。

スクロールできます
法律名内容
医師法・薬機法医師・医療機関以外では以下のような表現は禁止されている
医療行為と勘違いされるような表現(例:予防や診断)

美容機器を医療機器と勘違いされるような表現(例:シミが消せる)
景品表示法実際とは異なる表現・過剰な表現を禁止する法律
実際よりも優れているように誤解させる表現
(例:明確な根拠なく国内No.1・地域で1番などと宣伝する)

通常時よりも安い・お得と誤解させるような表現
(例:普段と同じ料金なのに「今だけ〇円」と宣伝する)

ガイドラインに違反した場合、調査や広告の中止命令などの処分が国から出されることになります。

内容が悪質であれば、罰金や懲役を課されるケースもあるため、注意が必要です。

まとめ:ターゲットに合わせた集客方法で顧客を集めよう!

顧客と対応するサロンの店員

競合が多いマツエクサロンでは、すべての年代・属性を対象に宣伝を行っても、効果的な集客にはつながりません。

ターゲットを明確にして強みをアピールすることが重要です。

Lステップを導入すれば、予約や顧客情報の管理も行えます。

Lステップ導入に興味を持たれた方は、ぜひ一度Anveryにご相談ください。

Anveryでは、活用法の一例を載せた資料を無料ダウンロードできますので、ぜひお気軽にご確認ください!

ターゲット層にしっかりと店舗をアピールして、いつもお客様のいるお店を目指しましょう。

Follow me!

目次