MENU

パン屋に客が来ない5つの理由とは?おすすめの集客方法や成功のコツを紹介

パン屋に客が来ない5つの理由とは?おすすめの集客方法や成功のコツを紹介
  • パン屋になかなかお客さんが来ない
  • パン屋の効果的な集客方法が知りたい
  • リピーターを増やしたい

上記のような悩みを抱えている方はいませんか。

パン屋は個人経営から大手のチェーン店まで競合が多いため、新規顧客やリピーターを獲得するのが難しいですよね。

本記事では、パン屋にお客さんが来ない理由や、効果的な集客方法をご紹介します。

パン屋ならではの集客を成功させるためのコツも解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

パン屋への集客にもLINEを活用すると売上の向上が期待できます。

Anveryでは、LINEマーケティングの導入や構築・運用代行業務を行っております。

公式LINEの活用事例についてまとめた資料を無料ダウンロードできるので、気になる方はお気軽にご確認ください。

またAnveryの公式LINEでは、LINEを活用して売り上げをアップさせる方法を発信中です!

興味のある方は、お気軽にご登録ください。

LINEを活用して売上アップ!

目次

パン屋にお客さんが来ない5つの理由

パンが並んでいる写真

パン屋にお客さんが来ない理由には、以下の5つが考えられます。

それぞれ詳しく解説するため、自分のお店に当てはまっていないか確認してみてください。

理由1.商品のクオリティが低い

パン屋のお客が来ない理由として、パンのクオリティが低いことが考えられます。

パンが美味しくなければ、お客さんに「もう一度食べたい」と思ってもらえないため、なかなか再来店につながりません。

「パンが美味しくない」とネガティブな口コミが広がると、新規顧客も見込めなくなってしまいます。

定期的に商品の質を見直し、改良を重ねて商品満足度を高める工夫をしましょう。

理由2.立地が悪い

パン屋は立地によっても集客が大きく左右されます。

人通りが少ない場所や、奥まった分かりにくいところに立地していると、新規顧客にお店を見つけてもらうのは難しいでしょう。

また、駅から遠い場所にある場合も、車や自転車などの交通手段がないお客さんは来店しにくい傾向があります。

立地が悪い場合の対策例
  • 大通りに看板を出す
  • 「隠れ家」をコンセプトにするなど立地の悪さを活かす
  • SNSを活用してお店をアピールする

すでに開店している場合、お店を移転するのはなかなか難しいため、集客方法やアピールポイントを工夫しましょう。

理由3.接客スキルや店内環境が悪い

スタッフの接客や店内環境が悪い場合も、客足が遠のいてしまいます。

商品への満足度が高くても、スタッフの接客やお店の雰囲気が悪いと気持ちよく過ごせません。

特にパン屋は飲食店のため、衛生管理が行き届いていなければ、再来店しない可能性が高いといえます。

接客スキルの向上や徹底した清掃を行い、お客さんがリフレッシュできる環境作りを意識しましょう。

理由4.価格設定が適切でない

より多くのお客さんにパン屋へ来てもらうには、商品を適切な価格に設定することも重要です。

どんなに美味しいパンでも、高額すぎると購入のハードルが高くなり、幅広い層の方に来店してもらいにくくなります。

ただし、あまりに安い価格に設定してしまうと、お客さん一人当たりが購入するパンの価格が安くなり、お店の売り上げが安定しなくなるため、注意が必要です。

競合店の単価をリサーチし、商品価格を見直してみましょう。

理由5.効果的に集客できていない

新規顧客が増えない場合は、集客方法に問題がある可能性があります。

そもそもお店の存在を知られなければ、商品のクオリティや価格を見直しても、なかなかお客さんが増えません。

集客方法を工夫することで、地元のお客さんだけでなく、遠方の方も来店してくれる可能性があるため、お店に合った効果的な集客方法を探しましょう。

パン屋におすすめの集客方法6選

パンを買っている女性

ここからは、パン屋におすすめの集客方法をご紹介します。

パン屋におすすめの集客方法は、以下の6つです。

順番に詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

1.ポスティングを行う

チラシのポスティングは、地域の方にお店を知ってもらうのに効果的です。

特にお店をオープンしてすぐの場合は、徒歩圏内の住宅に配布すれば、お店を認知してもらうきっかけになります。

ポスティングは、自作しやすく枚数を調整できるため、低コストで始められる点もメリットです。

チラシにクーポンなどをつけると、より集客アップが期待できるため、ぜひお試しください。

2.地域のイベントに参加する

より多くの方にお店を宣伝したいなら、地域のイベントに参加するのもおすすめです。

お店付近に住む方が集まるため、一気にお店を知ってもらうきっかけになるでしょう。

看板メニューを出したり、試食サービスを設けたりすると、より効果的に宣伝が可能です。

地域に根づいたパン屋を目指したい方は、参加できそうなイベントがないか探してみるとよいでしょう。

3.SNSを活用してお店をPRする

InstagramやX(旧Twitter)などのSNSも、効率的な集客には欠かせません。

拡散力が高くタイムリーに発信できるため、こまめに更新すれば多くの方にお店を認知してもらえます。

SNSアカウントのトップページにお店のHPリンクを挿入しておけば、HPを見てもらえる可能性も高まります。

最近は写真映えするパン屋やカフェをSNSで探す方も多いため、美味しそうなパンの動画や写真をアップするとよいでしょう。

4.Googleビジネスプロフィールを活用して口コミを集める

Googleビジネスプロフィールは、口コミ投稿機能があるため、お客さんからの口コミを集めたい場合に向いています。

Googleビジネスプロフィールとは、Googleマップに営業時間や電話番号などの店舗情報を掲載できるサービスのことです。

参考:Googleビジネスプロフィールヘルプ

プロフィールを充実させると上位表示されやすくなるため、Googleマップでパン屋を検索したユーザーの目にとまり、来店してもらえる可能性が高まります。

写真投稿や口コミへの返信などを活用し、地域でパン屋を探しているユーザーに対しての認知度アップを目指しましょう。

5.ポイントカードを作る

リピーターを増やしたいなら、ポイントカードを導入するのも効果的です。

ポイントを貯めると割引や特典を受けられるサービスを作れば、再来店してくれるお客さんが増えるでしょう。

ポイントカードには、手動でスタンプを押すタイプやスマートフォンで管理できるタイプなどさまざまな種類がありますが、個人経営なら手軽に始められるスタンプタイプがおすすめです。

魅力的な特典を設けて、リピーター獲得を目指しましょう。

6.公式LINEを活用する

再来店を促すには、公式LINEを活用するのも効果的です。

公式LINEを導入すれば、新メニューやキャンペーン情報などをお客さんに発信できるため、再来店してもらうきっかけを作れます。

下記の記事では、公式LINEのトーク画面下部に固定表示される「リッチメニュー」の推奨サイズや効果的に活用する方法について解説しています。

公式LINEを活用して集客したい方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:LINEリッチメニューの推奨サイズと効果的な活用方法を徹底解説!

パン屋の集客を成功させるコツ4つ

パンを焼いている写真

パン屋の集客を成功させるコツは、以下の4つです。

事前にチェックして、効果的な集客を目指しましょう。

他のパン屋との差別化を図る

競合のパン屋よりもより多くのお客さんを獲得するためには、オリジナリティを出して差別化を図ることが大切です。

パン屋差別化の例
  • 他のパン屋にはないオリジナルのパンを販売する
  • SNS映えを意識した店内にする
  • パンを製造しているところを見せる など

独自の強みを活かしてアピールし、お店のファン獲得を目指しましょう。

ディスプレイを工夫する

パン屋は店内のディスプレイを工夫することも重要です。

外観だけでなくパンの配置まで細かくこだわることで、お客さんの購買意欲をかき立てられます。

日替わり商品や看板メニューを目立つところに並べたり、レジ前に手に取りやすい価格の商品を置いたりと、お客さんがパンを選ぶ際の導線を考えながら工夫してみましょう。

パンが焼きあがる時間を公開する

パン屋の集客では、パンの焼きあがり時間を公開するのも効果的です。

焼きたてのパンを求める方も多いため、焼きあがり時間を公開すれば時間に合わせて来店するお客さんの増加が見込めます。

焼きたてパンを店頭に並べる回数を増やすことで、売り上げアップも期待できます。

公式LINEやSNSなどを活用し、パンの焼きたて時間をこまめに告知しましょう。

Lステップを活用して集客

より効率的な集客を目指したいなら、Lステップを活用するのがおすすめです。

Lステップとは…?

Lステップとは、公式LINEアカウントの拡張機能で、お客さまへの定期的なメッセージ送信を自動化することで、マーケティング活動を効率化できます。

またLステップは、日本人の9割が利用中といわれているLINEを基に構築しているシステムのため、お客さまも強い抵抗を感じずに友達登録してくれる可能性が高いでしょう。

下記の記事ではLステップの初期設定方法や使い方を解説しています。

Lステップにどのような機能があるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:Lステップの使い方と初期設定方法を解説!

Anveryでは、Lステップの導入で売り上げが向上した事例や、LINEマーケティングについて分かりやすくまとめた資料をご用意しました!

下記のボタンより無料でダウンロードできますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

Lステップの効果を確認!

まとめ 効果的な集客方法でお客の絶えないパン屋を目指そう

パンを陳列している写真

本記事では、パン屋にお客さんが来ない理由や、効果的な集客方法についてご紹介しました。

パン屋は個人経営から大手チェーン店まで競合が多いため、お店にあった集客方法を取り入れることが大切です。

SNSで美味しそうなパンの写真を発信したり、LINE公式アカウントでパンの焼きたて時間を告知したりすることで、効率的にお客さんを増やすことができます。

お店にあった集客方法を取り入れて、お客さんが絶えないパン屋を目指しましょう。

パン屋の集客にLINEを活用したいと興味を持った方は、ぜひAnveryの公式LINEよりお気軽にご連絡ください。

Anveryは『Lステップ』開発元より、国内でわずか10社しか選ばれない『認定コンサルタント』に選定された会社です!

LINEマーケティングの導入や構築・運用代行業務を行っています。

LINEのビジネスへの活用事例についてまとめた資料も無料ダウンロードできるので、ぜひご確認ください。

LINEで売上を最大化!

Follow me!

目次